コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フェリクス3世(2世) フェリクスさんせい[にせい]Felix III (II)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フェリクス3世(2世)
フェリクスさんせい[にせい]
Felix III (II)

[生]?
[没]492.3.1. ローマ
第48代教皇(在位 483~492)。聖人。483年3月に教皇シンプリキウス(在位 468~483)の後継者として登位。484年,ヘノチコン(統一勅令)をビザンチン皇帝ゼノ(在位 474~475,476~491)と共同で発布したとして,コンスタンチノープル総大司教アカキウスを破門した。ヘノチコンは 451年のカルケドン公会議で糾弾されたキリスト単性説を擁護したものとみなされた。この破門によってアカキウス派が教会から離れ,分裂が 35年間続いた。また 487年3月,ラテラノ大聖堂で開催された宗教会議で,バンダル族によって迫害を受け背教したアフリカ人がカトリック教会へ回帰するための条件を決定した。祝日は 3月1日。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

フェリクス3世(2世)の関連キーワードアナスタシウス2世

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android