コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

美馬 みま

4件 の用語解説(美馬の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

美馬
みま

徳島県中北部,美馬市北西部の旧町域。吉野川の中流北岸にある。 1957年郡里 (こおざと) 町と重清 (しげきよ) 村が合体して町制。 2005年木屋平村,穴吹町,町と合体して美馬市となる。地名は古代,良馬を産したことに由来する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

みま【美馬】

徳島県中北部にある市。吉野川中流域両岸を占める。北岸の脇(わき)町うだつのある家屋が連なる町並みで有名。平成17年(2005)3月に脇町、美馬町、穴吹町、木屋平(こやだいら)村が合併して成立。人口3.3万(2010)。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

みま【美馬】

徳島県中北部の市。東西に吉野川、南北に穴吹川が流れる。野菜・果樹栽培、養鶏が行われる。脇町地区には古い街並みが残り、伝統的建造物群保存地区に指定。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

美馬
みま

徳島県北部、美馬郡にあった旧町名(美馬町(ちょう))。現在は美馬市の北西部を占める地域。讃岐(さぬき)山脈の竜王(りゅうおう)山南麓(ろく)、吉野川北岸に位置する。旧美馬町は、1957年(昭和32)郡里(こおざと)町と重清(しげきよ)村が合併して成立。2005年(平成17)脇、穴吹(あなぶき)の2町および木屋平(こやだいら)村と合併して市制施行、美馬市となった。国道438号が南北に通じる。徳島自動車道が東西に通過し、美馬インターチェンジが設置されている。米作のほか、葉タバコ、ハッサク栽培が行われ、ブロイラー飼育は県下第一である。郡里地区は江戸末期から和傘の産地として知られ、年産80万本に及んだこともあるが、現在はほとんど旅館用である。2基の古墳からなる「段(だん)の塚穴(つかあな)」や、奈良時代の建立で四国最古の寺院跡と推定される郡里廃寺跡は国指定史跡。また、大正時代に建造された青木家住宅は国の登録有形文化財。北部山地一帯は讃岐(香川県)との通婚地域であり、竜王山西方の三頭越(さんとうごえ)は讃岐と阿波(あわ)(徳島県)を結ぶ峠で、讃岐の水田耕作に牛を貸す借耕牛(かりこうし)もここを越えた。[高木秀樹]
『『美馬町史』(1989・美馬町)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

美馬の関連キーワード徳島県美馬市木屋平美馬〈町〉徳島県美馬市美馬町徳島県美馬市脇町徳島県美馬市脇町猪尻徳島県美馬市脇町岩倉徳島県美馬市脇町馬木徳島県美馬市脇町田上徳島県美馬市脇町野村徳島県美馬市脇町脇町

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

美馬の関連情報