コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フェルトペン felt pen

百科事典マイペディアの解説

フェルトペン

速乾性筆記具の一種。アルミニウム,プラスチックなどの容器に,インキを浸したフェルトを入れ,フェルト製のペン先にインキが伝わる型と,容器に直接インキを入れ,フェルト製ペン先を押すと,弁が開いてインキの出る型とがある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

フェルトペン

マーキングペン,サインペン,チップペンなどともよばれる筆記具。油性または水性インキを含む吸収体が容器中にあり,そのインキがフェルトなどの繊維性またはプラスチックのペン芯を通して出てくる。ペン芯も,固い棒状のものから筆ペン(1971年日本で開発)とよばれる柔らかいものまである。油性ペンは第2次世界大戦後アメリカで製造,水性ペンは1963年に日本で開発された。フェルトペンは速乾性で発色がよく,なかでも油性のものはガラス,金属,プラスチックなどにも書けるため,急激に需要が増し,80年の日本の生産量は70年のほぼ2倍で,鉛筆やボールペンの生産量をはるかに上回る。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

フェルトペン【felt pen】

油性または水性インクを詰めた容器にフェルトを芯軸しんじくとしてさしこんだ筆記用具。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

フェルトペン
ふぇるとぺん

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

フェルトペンの関連キーワードヘリング(Keith Haring)ファンカラー水溶性フェルトペンホワイトボードラインマーカーマジックインキ水性インクキシレン蛍光ペン

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

フェルトペンの関連情報