コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フェルトペン felt pen

百科事典マイペディアの解説

フェルトペン

速乾性筆記具の一種。アルミニウム,プラスチックなどの容器に,インキを浸したフェルトを入れ,フェルト製のペン先にインキが伝わる型と,容器に直接インキを入れ,フェルト製ペン先を押すと,弁が開いてインキの出る型とがある。インキはキシレンなどの混合剤に油溶性顔料を配合したもの。1951年ころマジックインキの商品名で市販。水溶性インキを用いたサインペンもある。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

フェルトペン

マーキングペン,サインペン,チップペンなどともよばれる筆記具。油性または水性インキを含む吸収体が容器中にあり,そのインキがフェルトなどの繊維性またはプラスチックのペン芯を通して出てくる。ペン芯も,固い棒状のものから筆ペン(1971年日本で開発)とよばれる柔らかいものまである。油性ペンは第2次世界大戦後アメリカで製造,水性ペンは1963年に日本で開発された。フェルトペンは速乾性で発色がよく,なかでも油性のものはガラス,金属,プラスチックなどにも書けるため,急激に需要が増し,80年の日本の生産量は70年のほぼ2倍で,鉛筆やボールペンの生産量をはるかに上回る。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

フェルトペン【felt pen】

油性または水性インクを詰めた容器にフェルトを芯軸しんじくとしてさしこんだ筆記用具。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

フェルトペンの関連キーワードヘリング(Keith Haring)ファンカラー水溶性フェルトペンホワイトボードラインマーカー水性インク蛍光ペン

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

フェルトペンの関連情報