コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フェルナンデス・デ・リサルディ José Joaquín Fernández de Lizardi

世界大百科事典 第2版の解説

フェルナンデス・デ・リサルディ【José Joaquín Fernández de Lizardi】

1776‐1827
メキシコの新聞記者,作家。《疥癬かきおうむ》(1816)は,ラテン・アメリカで生まれた最初の最もすぐれた小説という評価を受けている。植民地期の終りのメキシコの後進性を攻撃した作品で,手法としてはスペイン伝統のピカレスク(悪者小説)の形式をかりながらも,教育,宗教,医療などメキシコにおけるスペインの植民制度を批判した作品として大きな意味をもっている。【神代 修】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

フェルナンデス・デ・リサルディの関連キーワードラテンアメリカ文学11月15日

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android