フェーマルン島(読み)ふぇーまるんとう(英語表記)Fehmarn

日本大百科全書(ニッポニカ)「フェーマルン島」の解説

フェーマルン島
ふぇーまるんとう
Fehmarn

ドイツ北部、バルト海の島。面積185平方キロメートル。本土とは幅約1.3キロメートルのフェーマルン・ズント海峡で隔てられている。1962年にこの海峡を越える橋(道路橋・鉄道橋)が架けられて本土とつながった。道路・鉄道は北東岸のプットガルテンに至り、ここからフェリーデンマークローラン島へ通じている(19キロメートル、所要1時間)。肥沃(ひよく)な農地に恵まれる。中心都市はブルクBurg(人口約6000)。

[浮田典良]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android