コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フエゴ[島](読み)フエゴ

百科事典マイペディアの解説

フエゴ[島]【フエゴ】

ティエラ・デル・フエゴ島の通称。南米南端,マゼラン海峡の南にある島。東部はアルゼンチン領。西部はチリ領。周辺に多くの小島がある。気候は冷涼湿潤。原住民のフエゴ島人(オナ族,ヤーガン族,アラカルフ族の3系)がわずかに残存する。牧羊がおもに行われるが,1970年以降,石油資源が発見され,ビーグル海峡東端の3島の帰属をめぐって両国が対立し,1985年チリ領として決着。1520年マゼランが発見。アルゼンチン領は主都ウスワイア,2万1571km2,12万7000人(2010)。チリ領は中心都市ポルベニル,約4万5000km2,約9500人。
→関連項目パン・アメリカン・ハイウェーホーン[岬]

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

フエゴ[島]【Tierra del Fuego】

南アメリカ大陸の南端とマゼラン海峡を隔てて向かい合う三角形状の島。〈火の島〉の意。主島の面積4万8187km2。島の約3分の2を占める西側がチリ領ティエラ・デル・フエゴ県(主都ポルベニル),残り3分の1を占める東側がアルゼンチン領のティエラ・デル・フエゴ準州(主都ウスワイア)である。人口はチリ領9527(1982),アルゼンチン領9万6917(1995)。両国間の境界線は1881年イギリス王室の調停により,大西洋側のエスピリト・サント岬からビーグル海峡に至る西経68゜36′38″に設定された。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android