コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フエゴ[島] フエゴ

2件 の用語解説(フエゴ[島]の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

フエゴ[島]【フエゴ】

ティエラ・デル・フエゴ島の通称。南米南端,マゼラン海峡の南にある島。東部はアルゼンチン領。西部はチリ領。周辺に多くの小島がある。気候は冷涼湿潤。原住民のフエゴ島人(オナ族,ヤーガン族アラカルフ族の3系)がわずかに残存する。
→関連項目パン・アメリカン・ハイウェーホーン[岬]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

フエゴ[島]【Tierra del Fuego】

南アメリカ大陸の南端とマゼラン海峡を隔てて向かい合う三角形状の島。〈火の島〉の意。主島の面積4万8187km2。島の約3分の2を占める西側がチリ領ティエラ・デル・フエゴ県(主都ポルベニル),残り3分の1を占める東側がアルゼンチン領のティエラ・デル・フエゴ準州(主都ウスワイア)である。人口はチリ領9527(1982),アルゼンチン領9万6917(1995)。両国間の境界線は1881年イギリス王室の調停により,大西洋側のエスピリト・サント岬からビーグル海峡に至る西経68゜36′38″に設定された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

フエゴ[島]の関連キーワードアングロアメリカ北アメリカフエゴ島マゼランマゼラン海峡南アメリカ大マゼラン雲亜米利加汎アメリカ主義マゼランペンギン

今日のキーワード

ワールド・ベースボール・クラシック

メジャーリーグ機構、メジャーリーグ選手会が音頭をとってスタートした野球の世界一決定戦。2006年の第1回は16カ国が参加。4組に分かれて1次リーグを行い、各上位2カ国が米国に移って2リーグの2次予選、...

続きを読む

コトバンク for iPhone