フォイヒタースレーベン(読み)ふぉいひたーすれーべん(英語表記)Ernst Freiherr von Feuchtersleben

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

フォイヒタースレーベン
ふぉいひたーすれーべん
Ernst Freiherr von Feuchtersleben
(1806―1849)

オーストリアの医者、詩人。官吏の息子としてウィーンに生まれる。ビーダーマイアー期を代表する詩人、批評家の1人。グリルパルツァー、シュティフター、作曲家シューベルトらと親交があった。青年時代には詩人として活躍したが、とくに彼を有名にしたのは『心の療法』(1838)で、啓蒙(けいもう)的なこの書では、家庭の時代であるとともに不安の時代でもあったビーダーマイアー期の思潮が集約的に展開されている。ヘルダー、ゲーテを中心にドイツ古典期の遺産をこの国のバロック以来の精神風土に摂取することに努めた。また古典古代に関する豊かな教養に根ざした批評活動にも定評があった。[松村國隆]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

栄典制度

社会に対する功労者の栄誉を表彰するために国法上与えられる特殊な地位に関する制度。大日本帝国憲法時代には,爵,位,勲章および褒章があり,その授与は天皇の大権事項であった(15条)。日本国憲法下にいたって...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android