コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フォトリソグラフィー フォトリソグラフィーphoto lithography

2件 の用語解説(フォトリソグラフィーの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フォトリソグラフィー
フォトリソグラフィー
photo lithography

集積回路を製造する際,ICパターン転写の工程で光を用いる技術。ガラスマスクを通して光を照射し,感光性樹脂を塗布した半導体ウエア上に微細な ICパターンを転写する。 LSI微細化を進めるうえで欠かせない技術とされており,光学系の改善や,感光性樹脂の転写精度の向上などにより解像度が向上し,今では 0.5μ以下の素子の加工も可能となっている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

フォトリソグラフィー(photolithography)

《「フォトリトグラフィー」とも》半導体集積回路などの製造工程で、シリコンウエハー上にフォトレジストという感光材料を塗布し、レチクルフォトマスク)とよばれる回路のパターンの原板を重ねて光を照射し、エッチングなどで刻み込む技術。光リソグラフィーリソグラフィー

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

フォトリソグラフィーの関連情報