コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フクバルト Hucbald

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フクバルト
Hucbald

[生]840
[没]930頃.トゥルネー近郊サンタマン
フランス中世の音楽理論家。サンタマン僧院で伯父ミロの教えを受け,その後,ネベルやランスの僧院にいた記録がある。 900年頃にサンタマンに戻り,のちに僧院長となって子弟の教育,著述に専念した。音階と八旋法を論じた"De harmonica institutione"のほか,詩篇曲,賛歌などを書いた。なお,フクバルトは初期のポリフォニーや記譜法に関する重要な理論書『音楽要綱』 Musica enchiriadisや『ダ・アリア・ムジカ』 Da alia Musicaの著者でもあるとされてきたが,今日では両者は同一人物ではなく,やや後代に同じ僧院にいた同名異人であることがわかっている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

フクバルトの関連キーワードフクバルド

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android