コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フクロテナガザル siamang

翻訳|siamang

2件 の用語解説(フクロテナガザルの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

フクロテナガザル【siamang】

霊長目ショウジョウ科類人猿イラスト)。テナガザル類の中ではもっとも大型で,のどに大きな鳴きぶくろをもつことからこの名がある。別名シャーマン。かつてはよくフクロテナガザル属として別属に分類されたが,現在では他のテナガザルとともにテナガザル属に含められるのがふつうである。マレー半島スマトラ島に分布する。全身真っ黒な毛で覆われ,脚の第2指と第3指の間に皮膜をもつのが特徴である。体重は9~13kg,頭胴長44~63cmで,性差はほとんどない。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

フクロテナガザル
ふくろてながざる
siamang
[学]Hylobates syndactylus

哺乳(ほにゅう)綱霊長目ショウジョウ科の動物。テナガザル属中最大の種で、頭胴長60センチメートル、体重10キログラムを超す。喉頭(こうとう)に大きな音声を響鳴する袋をもつ点、足の第3・第4指の間に皮膜がある点が、体の大きさとともにテナガザル属の他種と異なる。マレー半島からスマトラ島に分布し、雌雄各1頭とその子からなる集団をつくり、厳重な縄張りをつくって樹上生活する。かつてはフクロテナガザル属Symphalangusとされていた。[伊谷純一郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

フクロテナガザルの関連キーワードオランウータンゴリラショウジョウバエチンパンジー類人猿ボノボ霊長目猩猩蠅手長猿

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

フクロテナガザルの関連情報