コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フクロユキノシタ(袋雪の下) フクロユキノシタCephalotus follicularis

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フクロユキノシタ(袋雪の下)
フクロユキノシタ
Cephalotus follicularis

オーストラリア特産の 1科(フクロユキノシタ科)1属 1種の食虫植物。ウェスタンオーストラリア州南西部の湿地にだけかぎられた分布をもつ多年草で,袋状に変形した捕虫嚢(嚢状葉)を地面すれすれにつけ,この袋のふたにあたる部分を開閉して虫を捕える。捕虫嚢の内部には水をため,ふたに近い部分には蜜を分布して虫を誘う。花茎は 10~20cmに伸び,茎葉は扁平な卵形でこれは袋状にならない。花は夏に咲き,小さな白花であまり目立たない。日本でも食虫植物としてまれに栽培されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android