フジカンゾウ(読み)ふじかんぞう

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

フジカンゾウ
ふじかんぞう / 藤甘草
[学]Desmodium oldhamii Oliv.

マメ科の多年草。茎は高さ0.5~1.5メートル。葉は5~7小葉からなる奇数羽状複葉。小葉は長楕円(だえん)形から倒卵形。8~9月、長い総状花序に淡桃色の蝶形(ちょうけい)花を多数つける。果実は2個の小節果よりなる節果。小節果は三角形、全面に短い鉤(かぎ)毛があり、動物や衣服にくっついて散布する。平地から低山地の林内に生え、本州から九州、および朝鮮半島、中国に分布する。[立石庸一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のフジカンゾウの言及

【ヌスビトハギ】より

…日本と東アジア北部に分布する。フジカンゾウD.oldhamii Oliv.は5~7枚の小葉をもち,花は淡桃色で8~10mmある。アレチヌスビトハギD.paniculatum (L.) DC.は北アメリカの原産で本州中部・近畿地方に多く帰化しており,果実は3~6個の種子があり,節は中程度にくびれる。…

※「フジカンゾウ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

iPhone 11

アメリカのアップル社が2019年9月10日に発表したスマートフォン。日本では9月20日に、標準機種となるiPhone 11と、その上位機種であるiPhone 11 Pro、iPhone 11 Pro ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android