コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フジシダ(富士羊歯) フジシダPtilopteris maximowiczii

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フジシダ(富士羊歯)
フジシダ
Ptilopteris maximowiczii

オシダ科の常緑性シダ植物。関東地方以西,四国,九州から台湾,中国大陸にかけて分布する。深山樹陰の岩上または岩壁に群生する。葉は長さ 30~50cmぐらい。根茎は斜上し,単羽状で革質の葉を叢生する。葉柄褐色で光沢があり,羽片は無柄で,基部前側に耳片がある。胞子嚢群は脈端につき,包膜を欠く。胞子は四面体型。葉の中軸はつる状に伸びて先端に芽を生じる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

フジシダ(富士羊歯)の関連キーワードオシダ科

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android