フタコブラクダ(英語表記)Camelus bactrianus; Bactrian camel

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「フタコブラクダ」の解説

フタコブラクダ
Camelus bactrianus; Bactrian camel

偶蹄目ラクダ科。体高 1.8m内外で,ヒトコブラクダよりやや小さい。背に2つの瘤がある。蹠球が大きく足裏の面積が広く,砂地を歩くのに適しており,また鼻を自由に開閉できること,眼や耳のまわりの毛が長いことなど砂漠生活に適したからだつきをしている。野生のものはトルキスタンモンゴルなどに数百頭が残存するのみで,ほとんどが家畜種。前 1000年頃にはすでに家畜化されていたといわれる。中央アジアの砂漠地帯で広く飼育されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)「フタコブラクダ」の解説

フタコブラクダ
ふたこぶらくだ / 双峰駱駝
Bactrian camel
[学] Camelus bactrianus

哺乳(ほにゅう)綱偶蹄(ぐうてい)目ラクダ科の動物。体長2.5メートル前後、体高1.8メートル。野生種はモンゴル、中国北西部に少数の生存が知られているが、数千年前に家畜化され、運搬用、食用などに飼育されている。

[中川志郎]


出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のフタコブラクダの言及

【ラクダ(駱駝)】より

…偶蹄目ラクダ科ラクダ属Camelusの哺乳類の総称。背のこぶが二つのフタコブラクダC.bactrianus(イラスト)と一つのヒトコブラクダC.dromedarius(イラスト)の2種がある。ヒトコブラクダの野生種は生息せず,すべて家畜であり,フタコブラクダはモンゴルとゴビ砂漠に少数が野生するが,ほとんどのものは家畜である。…

※「フタコブラクダ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android