コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フタコブラクダ フタコブラクダ Camelus bactrianus; Bactrian camel

4件 の用語解説(フタコブラクダの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フタコブラクダ
フタコブラクダ
Camelus bactrianus; Bactrian camel

偶蹄目ラクダ科。体高 1.8m内外で,ヒトコブラクダよりやや小さい。背に2つの瘤がある。蹠球が大きく足裏の面積が広く,砂地を歩くのに適しており,また鼻を自由に開閉できること,眼や耳のまわりの毛が長いことなど砂漠生活に適したからだつきをしている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

フタコブラクダ

原産地は中国とモンゴルにまたがるゴビ砂漠。成長すると体長約3メートル、体重450〜690キロほどになる。寿命は約25年で繁殖が可能になるのは3歳ぐらいから。性格は温厚だが、オスには牙があり、発情期には人を襲うこともある。

(2007-03-10 朝日新聞 朝刊 秋田全県 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

フタコブラクダ

ラクダ

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

フタコブラクダ
ふたこぶらくだ / 双峰駱駝
Bactrian camel
[学]Camelus bactrianus

哺乳(ほにゅう)綱偶蹄(ぐうてい)目ラクダ科の動物。体長2.5メートル前後、体高1.8メートル。野生種はモンゴル、中国北西部に少数の生存が知られているが、数千年前に家畜化され、運搬用、食用などに飼育されている。[中川志郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のフタコブラクダの言及

【ラクダ(駱駝)】より

…偶蹄目ラクダ科ラクダ属Camelusの哺乳類の総称。背のこぶが二つのフタコブラクダC.bactrianus(イラスト)と一つのヒトコブラクダC.dromedarius(イラスト)の2種がある。ヒトコブラクダの野生種は生息せず,すべて家畜であり,フタコブラクダはモンゴルとゴビ砂漠に少数が野生するが,ほとんどのものは家畜である。…

※「フタコブラクダ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

フタコブラクダの関連キーワードグアナコラマ駱駝らま双峰駱駝目ら駱駝虫らくだの葬礼ラクダ(駱駝)

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone

フタコブラクダの関連情報