フッ化ナトリウム(弗化ナトリウム)(読み)ふっかナトリウム(英語表記)sodium fluoride

世界大百科事典 第2版の解説

ふっかナトリウム【フッ化ナトリウム(弗化ナトリウム) sodium fluoride】

化学式NaF。俗にフッ化ソーダとも呼ばれる。無色の立方または正方晶系正六面体または八面体結晶。岩塩型構造。融点993℃。沸点1704℃。比重2.79。屈折率1.3258。水100gへの溶解度は4g(0℃),5g(100℃)で,カリウム塩KFに比べて著しく低い。エチルアルコールに微溶。水溶液は加水分解のためアルカリ性を呈し,ガラスを侵す。 NaF+H2O⇄NaOH+HF乾いたフッ化ナトリウムはガラスを侵さない。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

御一人様

「一人」を敬って、また丁寧にいう語。おひとかた。[補説]飲食店などで一人客を指していうことから、近年、「遊園地などグループ利用の多い施設を、一人で利用して楽しむ人」「精神的に自立しており、一人で行動で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android