コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フトユビシャコ フトユビシャコGonodactylus chiragra

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フトユビシャコ
Gonodactylus chiragra

軟甲綱口脚目フトユビシャコ科。体長約 10cm。サンゴ礁に最も普通に見られるシャコで,潮だまりの中をすばやく泳ぐ。捕脚(第2胸脚)の指節は歯をもたず,基部がふくれて,前節と打ち合わせて「ぱちん」という大きな破裂音を発する。頭胸甲,腹部はなめらか。一様に黄褐色の個体が多いが,白色斑をもつものや緑褐色のものなどもあり,個体による変異が著しい。インド西太平洋海域に広く分布する。(→甲殻類口脚類節足動物軟甲類

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

フトユビシャコ
ふとゆびしゃこ / 太指蝦蛄
[学]Gonodactylus chiragra

節足動物門甲殻綱口脚(こうきゃく)目フトユビシャコ科に属する海産動物。太平洋、インド洋に広く分布し、サンゴ礁にごく普通にすむ。礁原の潮だまり(タイドプール)の中をすばやく泳ぐ。体長10センチメートルほどで、頭胸甲は後方が幅広い。第5腹節までは完全に滑らかであるが、第6腹節には3対の隆起線があり、尾節には長短3本の隆起線が「小」字形に並ぶ。捕脚には歯や棘(とげ)がないかわり、指節の基部が丸く膨れており、それでパチンという大きな音を出す。一様に黄緑褐色のものが多いが、複雑な斑紋(はんもん)をもつものもいる。[武田正倫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のフトユビシャコの言及

【口脚類】より

…胸部が8胸節からなることと,生殖孔の位置などは軟甲亜綱の一員である特徴を表しているが,口脚類は他の類との間に深い類縁関係を示すような特徴の少ない孤立した群である。 日本でふつうに見られるシャコOratosquilla oratoria(イラスト)のように多くは浅海の砂泥底に穴を掘ってすむが,フトユビシャコGonodactylaなどのようにサンゴ礁にすむものもあり,深海からも少数の種が知られている。成体の行動範囲はごく狭いのに対し,この類の浮遊期の幼生は思いがけない遠方の海に現れる。…

※「フトユビシャコ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

フトユビシャコの関連キーワード太指蝦蛄甲類

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android