コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フマーユーン廟 フマーユーンびょう Tomb of Humāyūn

2件 の用語解説(フマーユーン廟の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フマーユーン廟
フマーユーンびょう
Tomb of Humāyūn

インドのデリーにあるムガル帝国第2代皇帝フマーユーンの墓廟。帝の没後,妃によって着工され,アクバル帝により 1565年に完成した。4心アーチダブルドーム,装飾文様などペルシアの様式に従っているが,赤砂岩と白大理石を併用する外壁の仕上げなどは,インド固有の手法によっている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

フマーユーン‐びょう〔‐ベウ〕【フマーユーン廟】

Humayun's Tomb》インド北部の都市デリーにある霊廟。市街中心部、ジャムナ川付近に位置する。1565年にムガル帝国第2代皇帝フマーユーンが死去し、皇妃の命により建設された。中央に白いドームを戴く左右対称の建物であり、四つの区画に分割されたペルシア風の四分庭園(チャハルバーグ)が広がる。のちに建造されたタージマハルに影響を与え、同国におけるイスラム建築の傑作として知られる。1993年に世界遺産文化遺産)に登録された。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

フマーユーン廟の関連キーワードアーグラジャハーンギールフマーユーンムガル絵画ムガル帝国シャージャハーンデリースルターン朝パーニーパットの戦アーグラ城塞デリーのフマユーン廟

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone