コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フマーユーン廟 フマーユーンびょうTomb of Humāyūn

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フマーユーン廟
フマーユーンびょう
Tomb of Humāyūn

インドのデリーにあるムガル帝国第2代皇帝フマーユーンの墓廟。帝の没後,妃によって着工され,アクバル帝により 1565年に完成した。4心アーチ,ダブル・ドーム,装飾文様などペルシアの様式に従っているが,赤砂岩と白大理石を併用する外壁の仕上げなどは,インド固有の手法によっている。主任建築家はペルシアから招聘されたミーラーク・ミルザ・ギャースといわれる。1993年世界遺産の文化遺産に登録。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

フマーユーン‐びょう〔‐ベウ〕【フマーユーン廟】

Humayun's Tomb》インド北部の都市デリーにある霊廟。市街中心部、ジャムナ川付近に位置する。1565年にムガル帝国第2代皇帝フマーユーンが死去し、皇妃の命により建設された。中央に白いドームを戴く左右対称の建物であり、四つの区画に分割されたペルシア風の四分庭園(チャハルバーグ)が広がる。のちに建造されたタージマハルに影響を与え、同国におけるイスラム建築の傑作として知られる。1993年に世界遺産(文化遺産)に登録された。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

フマーユーン廟の関連キーワードインド・イスラム美術ニザームッディーン廟デリー(インド)ムガル朝美術インド美術

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android