フラビンアデニンジヌクレオチド(英語表記)flavin adenine dinucleotide

栄養・生化学辞典の解説

 C27H33N9O15P2 (mw785.56).

 FADと略し,還元型をFADH2と記す.体内の酸化還元酵素の補酵素として機能する物質.ビタミンB2から作られる.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

化学辞典 第2版の解説

C27H33N9O15P2(785.56).略称FAD.フラビン酵素の補欠分子族の一つ.フラビンモノヌクレオチド(FMN)とアデニル酸(AMP)との結合物で,イソアロキサジン環が酸化型および還元型をとることによって,生体の酸化還元系で水素伝達の作用をする重要な物質である.酵母,ウマの心筋,腎臓,肝臓などから抽出精製することができる.このような非対称ピロリン酸エステルの合成は困難であったが,リン酸アミデート法により,FMNとAMPから合成されるようになった.橙黄色の結晶様粉末.黄緑色の蛍光を出す.λmax 370,450 nm,還元型は450 nm の吸収を示さない.水に易溶,アルコール類に微溶.生体内では,アミノ酸,カルボン酸,還元NAD,チオール基などの酸化反応の補酵素として作用する.とくに重要な作用としては,生体の酸化的リン酸化に関与していることである.すなわち,ミトコンドリアにおける電子伝達系の中枢的位置に二つのフラビン酵素があり,この活性によってATPの生成が左右される.[CAS 146-14-5]

出典 森北出版「化学辞典(第2版)」化学辞典 第2版について 情報

世界大百科事典内のフラビンアデニンジヌクレオチドの言及

【FAD】より

…フラビンアデニンジヌクレオチドflavin adenine dinucleotideの略称。ビタミンB2(リボフラビン)にオルトリン酸が2分子とアデノシン1分子が結合した化合物で,多くの酸化還元酵素の補酵素として重要。…

※「フラビンアデニンジヌクレオチド」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

オーバーシュート

感染症の爆発的な感染拡大を指す。語源は、「(目標を)通り越す」「(飛行機などが停止位置を)行き過ぎる」という意味の英語の動詞「overshoot」。2019年12月に発生した新型コロナウイルスに関して...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android