フランシス・スチュアート チェーピン(英語表記)Francis Stuart Chapin

20世紀西洋人名事典の解説

フランシス・スチュアート チェーピン
Francis Stuart Chapin


1888.2.3 - 1974
米国の社会学者,統計学者。
元・米国社会学会会長。
ニューヨーク生まれ。
コロンビア大学卒業後、1911年に同大学から学位を取得し、’22〜53年までミネソタ大学教授を務め、この間に’35年米国社会学会会長に就任した。社会学の領域に統計的方法を導入し、社会経済的地位尺度の作成、社会現象に対する実戦的方法の適用など社会調査の各方面で多くの業績を残した。主著に「フィールド・ワークと社会調査」(’20年)、「社会調査における実験計画法」(’47年)等がある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

今日のキーワード

アースデイ

地球のことを考えて行動する日。1970年、アメリカのG・ネルソン上院議員によって提唱された。毎年4月22日がその日とされており、世界中で環境イベントが開催されている。 アースデイが誕生したきっかけは、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android