フランソア マレ・ジョリ(英語表記)Françoise Mallet-Joris

20世紀西洋人名事典の解説

フランソア マレ・ジョリ
Françoise Mallet-Joris


1930 -
ベルギーの作家。
アメリカ、フランスで学び、詩集を発表。その後、19歳から小説に転じ、「修道女城壁」(1951年)で超自然的、激しい情熱を古典的で冷ややかなタッチで描く。「天上の帝国」(’58年)でフェミナ賞を受賞。宗教的苦悩を描く「前兆と奇跡」(’66年)では内面的激情が高く評価される。エッセイ「神の家」(70年)はベストセラーとなる。同年ゴンクール賞選考委員に選出される。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android