コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フランソア・ド・サール François de Sales

世界大百科事典 第2版の解説

フランソア・ド・サール【François de Sales】

1567‐1622
17世紀フランスの人文主義的信心思想に大きな影響を与えた霊的指導者。ラテン語読みでサレジオSalesioともいう。サボアのサール城に生まれ,1582‐88年パリで法学と神学を学び,自分が地獄に預定されているのではないかと悩む。〈よし地獄に落ちるとしても,せめてこの世では神を愛そう〉と捨身の心境になったとき救われ,聖母像の前での宗教体験で安心を得る。91年パドバで法学博士号取得。94年父の反対を振り切って司祭となり,カルバン派の強いシャブレ(ジュネーブ湖南岸)地方をカトリックに戻す。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のフランソア・ド・サールの言及

【ポール・ロアイヤル運動】より

…17世紀フランスに起こった信仰上の運動。ポール・ロアイヤルPort‐Royalは元来13世紀に創設され,パリ南郊のシュブルーズにあった女子修道院であるが,17世紀初頭,弱年の院長アルノーAngélique Arnauldによって改革され,またフランソア・ド・サールの指導を受けて有名になった。1625年パリに分院(ポール・ロアイヤル・ド・パリ)が作られ,48年に再開された本院はポール・ロアイヤル・デ・シャンと呼ばれた。…

※「フランソア・ド・サール」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

フランソア・ド・サールの関連キーワードポール・ロアイヤル運動バンサン・ド・ポールシャンタル

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android