コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フラーケ Flake, Otto

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フラーケ
Flake, Otto

[生]1880.10.29. メッツ
[没]1963.11.10. バーデンバーデン
ドイツの小説家ジャーナリストとしてヨーロッパ各地に滞在した。表現主義の影響を受け,19世紀ヨーロッパ史を背景に医師の運命を描いた『幸運の子』 Fortunat (1946) をはじめ,30冊に及ぶ社会小説を残した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

フラーケ
ふらーけ
Otto Flake
(1880―1963)

ドイツの作家。メスに生まれる。哲学的、政治的傾向も含む多面的な文筆活動をしたが、その基盤は個人主義的に思考するヨーロッパ人、世界市民としての観点にたち、新しい理性的生活様式を主張し、とくにドイツとフランスの精神的政治的調和を求めた。主要著作には、教養小説の特質をもつ、『ルーラント』五部作(1913~28)と『フォルトゥナート』四巻(1946~48)がある。[城山良彦]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

フラーケの関連キーワード10月29日

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android