フリンク(英語表記)Flinck, Govert

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フリンク
Flinck, Govert

[生]1615.1.25. クレーベ
[没]1660.2.2. アムステルダム
オランダのバロックの肖像画家。 1630年頃ランベール・ヤコーブスに師事し,32~35年頃レンブラントの弟子となった。レンブラントの作品のきわめて精巧な模作者として知られ,ほかに B.ムリリョらスペインの画家の模作にもすぐれた。個性的な肖像画を描き,主要作品は『ディルク・グラスビンケルとその妻』 (1646) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android