コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フリーソフトウェア フリー ソフトウェア

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

フリーソフトウェア

フリーソフトウェア財団の提唱する自由なソフトウェアと、無償で配布されるソフトウェアの2つの意味がある。前者は、ソースコードが公開され、コピーや改変、再配布が可能。たいてい無償で配布されているが、有償の場合もある。通常、フリーソフトウェアという場合は、この自由なソフトウェアを意味する。後者はフリーウェア、またはフリーソフトと呼ばれるもので、無料で使えるが、ソースコードが公開されているとは限らず、営利目的での使用や再配布が禁止されているものも多い。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

百科事典マイペディアの解説

フリーソフトウェア

シェアウェアが有料であるのに対して,無償で使用できるソフトウェアのこと。略してフリーウェアともいう。パーソナルコンピューター使い勝手をよくするためのユーティリティーソフトウェアや通信関係のものが多い。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

IT用語がわかる辞典の解説

フリーソフトウェア【free software】

ソースコードを公開し、改変や修正、再配布が自由にできるソフトウェア。単に無償で使用することができるソフトウェアを指す「フリーウェア」に対し、コピーレフトの概念に基づいて作成されたものを意味する。

出典 講談社IT用語がわかる辞典について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フリーソフトウェア
Free Software

アメリカ合衆国の非営利団体フリーソフトウェア財団 FSFが提唱している,無償でだれでも使用できるソフトウェアの概念。FSFは 1985年マサチューセッツ工科大学のリチャード・ストールマンが設立した。ここでいうフリーは「無償」というだけでなくソフトウェアに関する広い「自由」をさす。目的を問わずプログラムを使う自由,ソースコード(→ソースプログラム)を研究してプログラムに修正を加える自由,プログラムのコピーを再頒布する自由,プログラムの改良を発表する自由,の四つが認められていればそれはフリーソフトウェアであるとする。FSFがこの原則のもとに進めているユニックス向けソフトウェア製作・頒布プロジェクトが GNUプロジェクトである。このプロジェクトで各ソフトウェアに添付されるライセンス文書は GNU GPL; GNU General Public Licenseと呼ばれる。(→フリーウェア

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

フリーソフトウェアの関連キーワードFree Software Foundationpublic domain softwareDebian GNU/LinuxAdobe Acrobatオンラインソフトウェア非フリーソフトウエアフリービーエスディー電子ブックビューアWindSock電子メールソフトデスクアクセサリVIDSPEEDGNUライセンスsendmailWebブラウザーPC UNIXXFree86AcrobatオープンソースFreeBSD

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android