コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フリーソフトウェア フリー ソフトウェア

4件 の用語解説(フリーソフトウェアの意味・用語解説を検索)

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

フリーソフトウェア

フリーソフトウェア財団の提唱する自由なソフトウェアと、無償で配布されるソフトウェアの2つの意味がある。前者は、ソースコードが公開され、コピーや改変、再配布が可能。たいてい無償で配布されているが、有償の場合もある。通常、フリーソフトウェアという場合は、この自由なソフトウェアを意味する。後者はフリーウェア、またはフリーソフトと呼ばれるもので、無料で使えるが、ソースコードが公開されているとは限らず、営利目的での使用や再配布が禁止されているものも多い。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

フリーソフトウェア

シェアウェアが有料であるのに対して,無償で使用できるソフトウェアのこと。略してフリーウェアともいう。パーソナルコンピューター使い勝手をよくするためのユーティリティーソフトウェアや通信関係のものが多い。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

IT用語がわかる辞典の解説

フリーソフトウェア【free software】

ソースコードを公開し、改変や修正、再配布が自由にできるソフトウェア。単に無償で使用することができるソフトウェアを指す「フリーウェア」に対し、コピーレフトの概念に基づいて作成されたものを意味する。

出典|講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フリーソフトウェア
フリーソフトウェア
Free Software

アメリカ合衆国の非営利団体フリーソフトウェア財団 FSFが提唱している,無償でだれでも使用できるソフトウェアの概念。FSFは 1985年マサチューセッツ工科大学リチャードストールマンが設立した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

フリーソフトウェアの関連キーワードFSFフリーウェアフリーソフトフリーソフトウエアドローソフトウエアフリーソフトウエア財団非フリーソフトウエアプロプライエタリーソフトウエアオーサリング・ソフトウェアエヌ・デーソフトウェア

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone

フリーソフトウェアの関連情報