フリーパス

精選版 日本国語大辞典「フリーパス」の解説

フリー‐パス

〘名〙 (free pass)
① 無賃乗車券。無料入場券。パス。〔外来語辞典(1914)〕
※江戸から東京へ(1921)〈矢田挿雲〉七「武家屋敷から発行するフリーパッスのやうなものが市会議員の無賃乗車券同様の働きをしたのである」
② 自由に通過したり入場したりできること。税関の無税通過や、試験の無条件合格など。
※風媒花(1952)〈武田泰淳〉三「非常線はフリイパス」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「フリーパス」の解説

フリー‐パス(free pass)

無料で入場・乗車などができること。また、その切符。無料パス。
無試験合格や税関の無条件通過などができること。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

急急如律令

中国漢代の公文書の末尾に、急々に律令のごとくに行え、の意で書き添えた語。のち、呪文(じゅもん)の終わりに添える悪魔ばらいの語として、道家・陰陽師(おんようじ)・祈祷僧(きとうそう)などが用いた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android