コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フリーミアム ふりーみあむ freemium

3件 の用語解説(フリーミアムの意味・用語解説を検索)

知恵蔵2015の解説

フリーミアム

フリー(無料)ビジネスの一つ。無料のサービスを多数のユーザーに提供し、高機能または追加された特別な有償サービスによって収益を得るビジネスモデル。とりわけウェブ上では、95%が無料ユーザーであっても5%の有料ユーザーがいればビジネスは成立することから、「5%ルール」を基本としている。
古くからあるマーケティング手法の一つだが、従来のアナログ商品とは根本的に異なる。例えば、化粧品や食料品などは一定の製造コストがかかるため、試供品を無料で配布すると、その数に比例して提供コストも増える。しかし、デジタルコンテンツでは、基本サービスさえ完成すれば、その提供コストはゼロに近くて済む。そのためフリーミアムでは、有料ユーザーの比率を高めることよりも、まずは裾野を拡大することが求められる。無料のサービス利用者を増やせば、有料サービスに移る絶対数も増えるという戦略である。
なお、「freemium」は「free」(無料)と「premium」(割増金)を合わせた造語。2006年、米国のベンチャー投資家フレッド・ウィルソンがジャリド・ルーキンの発案をもとに提唱し、09年7月に米国で出版されたクリスアンダーソン著『Free: The Future of a Radical Price』のヒットで注目されるようになった。同年11月には、日本でも『フリー <無料>からお金を生み出す新戦略』(NHK出版)の書名で出され、ベストセラーになっている。著者のクリス・アンダーソンは米『ワイヤード』誌の編集長。「ロングテール」の提唱者としても知られる。

(大迫秀樹  フリー編集者 / 2010年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵2015」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

フリーミアム(freemium)

《free(無料)+premium(割増)からの造語》基本的で有用なサービスを無料で提供することで広く顧客を集め、特別なサービスや高度な機能を希望する一部の顧客に対し有償で提供するビジネスモデル。米国において2000年代後半から使われはじめた。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

人事労務用語辞典の解説

フリーミアム

フリーミアム(Freemium)は、フリー(free、無料)とプレミアム(premium、割増)を合わせた造語。基本的なサービスを無料で提供する一方、より高機能な、または特別に追加されたサービスについて課金することで収益を得るビジネスモデルを指します。
(2010/7/16掲載)

出典|『日本の人事部』
Copyright © 2004- 2009 iQ. Co., Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

フリーミアムの関連キーワードeビジネスビジネスホテルビジネスオンビジネスグリーンビジネスニュービジネスビジネスエリートビジネスディナービジネスパーソンCクラス

今日のキーワード

参院選の日程

改選議員が任期満了を迎える7月25日の前30日以内に実施される。参院選を「18歳選挙」の対象とするためには6月20日以降の公示とする必要がある。投票日を通例の日曜日とすれば、候補は7月10日、17日、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

フリーミアムの関連情報