コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フルネーロン

2件 の用語解説(フルネーロンの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

フルネーロン

フランスの技術者。測量士の子。鉱山学校を出て,鉱山で働く。C.ビュルダンオイラーの水力学に関する研究をもとに,1832年反動水車を完成。さらに改良を重ね,実用原動機としての水タービン発達の基礎を築いた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

フルネーロン
ふるねーろん
Benot Fourneyron
(1802―1867)

フランスの機械技術者、水力タービンの創始者。サンテティエンヌに生まれ、同地の鉱山学校でビュルダンに学んだ。17歳からクレーゾーの鉱山に働き、石油の試掘や鉄道の敷設、イギリスだけで行われていたスズめっきの工場創設に携わった。この間に機械工場用の原動機の必要を痛感し、1823年水力タービンの研究を開始、1827年6馬力、効率80%の小型タービンをつくった。この年(1827)、国民工業奨励協会は「製粉所や製造工場で大規模に十分利用できる水力タービンの達成」に対する賞金の一部を、理論的研究を行ったビュルダンに与え、懸賞期間を1832年まで延長した。フルネーロンはフレイザンの鍛冶(かじ)工場主から経済的援助を受け、タービン設計に没頭、1832年50馬力の輻流(ふくりゅう)タービンを完成させ6000フランの賞金を手にした。1855年には外向き輻流タービンの特許を取得、水力タービン実用化の基礎を築いた。[高橋智子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

フルネーロンの関連キーワードガウランド測量士鉱山学フランスソワールラングレスコワニエセボス田中静洲バールセンムーシェ

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone