フレオン(英語表記)Freon

翻訳|Freon

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「フレオン」の解説

フレオン
Freon

アメリカのデュポン社製のフッ化炭化水素の商品名。 CCl2F2 などの化学構造式で示されるが,その化学構造の違いによりフレオン-22,フレオン-12,フレオン-113などがある。日本の製品の商品名はダイフロン。ハロゲン化炭化水素に無水フッ化水素を作用させてつくる。一般に無色無臭。安定で金属を腐食しない。冷凍機の冷媒,エーロゾル噴霧剤,フッ素樹脂原料,消火剤,抽出溶媒などに利用されてきたが,大気中に放出されると成層圏に滞留してオゾン層を破壊するため,使用が禁止された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

化学辞典 第2版「フレオン」の解説

フレオン
フレオン
Freon

冷媒や噴霧剤用の有機フッ素化合物に対するデュポン(DuPont)社の商品名.わが国でフロンとよばれている.

出典 森北出版「化学辞典(第2版)」化学辞典 第2版について 情報

精選版 日本国語大辞典「フレオン」の解説

フレオン

(Freon) 塩素弗素(ふっそ)のついた低級炭化水素化合物フロンのアメリカ、デュポン社の商標名。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

百科事典マイペディア「フレオン」の解説

フレオン

デュポン社のフッ化炭化水素類の商品名。日本での一般名はフロン

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典内のフレオンの言及

【フロン】より

…炭化水素のフルオロ置換体であるフルオロカーボン類fluorocarbonに対する日本でのみ用いられている総称名。フレオンFreon(デュポン社の商品名)と呼ばれることもある。フロンには,フッ素と塩素を置換基にもつクロロフルオロカーボン(CFC),フッ素,水素,塩素を含むヒドロクロロフルオロカーボン(HCFC),フッ素,水素を含むヒドロフルオロカーボン(HFC),すべての水素をフッ素で置換したペルフルオロカーボン(PFC),などがある。…

※「フレオン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

国民栄誉賞

内閣総理大臣表彰の一つ。1977年内閣総理大臣の福田赳夫の決裁により設けられた。「広く国民に敬愛され,社会に明るい希望を与えることに顕著な業績のあった者」に贈られる。第1回受賞者はプロ野球選手の王貞治...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android