コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フレックスタイム制度

人材マネジメント用語集の解説

フレックスタイム制度

・flex-time
・1ヶ月の総労働時間数だけを決めておき、毎日の始業・終業時刻は労働者が自由に選択できる労働時間性のこと。
・労働者にとっては私生活上の都合と労働時間との調整がはかれる一方、企業にとっても作業能率の向上が可能になるなどのメリットがある。
・形態としては1日の労働時間を固定し、始業・終業の時刻を前後させる1日単位の方式と、週又は月を単位として1日の労働時間は伸縮できる方式がある。
・また、必ず出勤しなければならない時間帯(コアタイム)を設定している企業も多い。

出典|(株)アクティブアンドカンパニー人材マネジメント用語集について | 情報

フレックスタイム制度の関連キーワードフレックスタイム制度/裁量労働制育児・介護休業法時差Biz都市交通シフトWAA

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

フレックスタイム制度の関連情報