コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フレックスタイム制度

人材マネジメント用語集の解説

フレックスタイム制度

・flex-time
・1ヶ月の総労働時間数だけを決めておき、毎日の始業・終業時刻は労働者が自由に選択できる労働時間性のこと。
・労働者にとっては私生活上の都合と労働時間との調整がはかれる一方、企業にとっても作業能率の向上が可能になるなどのメリットがある。
・形態としては1日の労働時間を固定し、始業・終業の時刻を前後させる1日単位の方式と、週又は月を単位として1日の労働時間は伸縮できる方式がある。
・また、必ず出勤しなければならない時間帯(コアタイム)を設定している企業も多い。

出典 (株)アクティブアンドカンパニー人材マネジメント用語集について 情報

今日のキーワード

パルムドール

カンヌ国際映画祭で、最優秀作品に与えられる賞。[補説]多く「金のシュロ」と訳されるが、日本原産のシュロ(ワジュロ)ではなく、ヤシ科のナツメヤシがモチーフとなっている。ナツメヤシは、西洋では勝利・栄誉の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

フレックスタイム制度の関連情報