フロビッシャー湾(読み)フロビッシャーわん(英語表記)Frobisher Bay

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フロビッシャー湾
フロビッシャーわん
Frobisher Bay

カナダ,ヌナブト准州バフィン島南東部にある入江。奥行 240km,幅 32~64km,最大水深 120m。 1576年 S. M.フロビッシャーによって発見され,当初,海峡と考えられていたが,1860年湾であることが確認された。湾頭にはバフィン島最大の集落でヌナブト准州の州都イカリット (フロビッシャーベイ) がある。 1914年交易所が建設され,第2次世界大戦中は空軍基地,その後,北方警備駐屯地や気象台などができた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

フロビッシャーわん【フロビッシャー湾 Frobisher Bay】

カナダ,ノースウェスト・テリトリーズ,バフィン島の南東端にある湾。周辺にはフィヨルドやツンドラが多い。1576年,マーティン・フロビッシャーが探検したので,この名がつけられた。湾頭にはフロビッシャー・ベイと呼ばれるバフィン島最大の集落(人口2388。1982)があり,空軍・観測基地となっている。【正井 泰夫】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android