フローニンゲン大学(読み)ふろーにんげんだいがく

世界大百科事典内のフローニンゲン大学の言及

【フローニンゲン】より

…北部最大の商工業都市で,縫製,金属加工,精糖,印刷などの軽工業がおもな工業であり,また穀物取引所や青果・花卉市場がある。北部の中心都市であるだけに国の出先機関も多く,フローニンゲン大学(1614創立)をはじめ各種の高等教育機関,博物館などの文化施設も多い。近年は天然ガスの採掘が市の周辺から西部にかけて大規模に行われており,オランダ・ガス連合の本社もある。…

※「フローニンゲン大学」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

iDeCo

個人型確定拠出年金と呼ばれる任意の私的年金制度のひとつ。加入者が毎月決まった金額を積み立てて、金融機関が用意する定期預金・保険・投資信託といった金融商品から運用方法を選び、60歳以降に年金または一時金...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android