コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

普化宗 ふけしゅう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

普化宗
ふけしゅう

中国,唐の禅僧普化を祖とする宗派。普化禅宗ともいう。建長1 (1249) 年に宋に渡った心地覚心が日本に伝えた。その孫弟子金先は北条経時帰依を受けて,下総小金一月寺創建し,普化宗の本寺とした。典拠とする経典はなく,尺八による虚無吹奏を禅の至境とした。虚無宗 (こむしゅう) はこの系統である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ふけ‐しゅう【普化宗】

禅宗一派。唐の普化開祖。建長年間(1249~1256)に伝来。江戸時代に栄え、宗徒虚無僧(こむそう)と称して尺八を奏し、諸国を遍歴修行。下総小金の一月寺と武蔵青梅の鈴法寺を本山とした。明治4年(1871)廃宗。普化禅宗。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

普化宗【ふけしゅう】

中国,唐代の普化禅師を開祖とする臨済(りんざい)宗の一派。日本へは1249年渡宋した東福寺覚心(かくしん)が,1254年に伝えた。その法孫の金先(【きん】全(きんぜん)とも)は北条時頼(ときより)の帰依(きえ)を受け,下総(しもうさ)小金(こがね)に一月寺を創建,本寺とした。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ふけしゅう【普化宗】

虚無(こむ)宗ともいう。禅宗の一派で,中国唐代の禅僧である普化和尚を開祖としていて,僧名をもってその名が付けられ,詳しくは普化禅宗という。日本には1254年(建長6)宝伏,国佐,理正,僧恕の4人の居士(こじ)が来日して伝えられた。4居士は普化の一系に属する張参の徒で,1249年入宋した無本(心地)覚心(法灯国師)が帰朝のとき伴ったもので,紀伊由良の興国寺山内に普化庵を建て居所とした。そのご無本覚心の法孫にあたる靳全(きんぜん)(金先)がでて北条経時の帰依を受け,下総小金に一月寺を開創し,一派の道場が成立している。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ふけしゅう【普化宗】

江戸時代に虚無僧こむそうの集団が形成した特殊な仏教宗派。臨済宗(禅宗)の一派とされるが、教義や信仰上の内実はほとんどなく、尺八を法器と称して禅の修行や托鉢のために吹奏した。尺八楽の歴史上重要な存在である。虚無僧は諸国通行の自由など種々の特権を持ち、隠密おんみつの役も務めたと言われる。明治維新により廃宗された。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

普化宗
ふけしゅう

中国、唐代の禅僧普化(ふけ)を祖とする禅宗の一派。虚無(こむ)宗ともいう。尺八の吹奏をもって煩悩(ぼんのう)を断じ、虚無の境地に至る虚無吹断を禅の究極とする。普化は馬祖道一(ばそどういつ)の門人盤山宝積(ばんざんほうしゃく)より法を受けたが、狂態を装い、つねに鐸(たく)を人の耳辺に振っていた。張伯(ちょうはく)という者が弟子になろうとしたが許されず、鐸の音をまねて竹管を吹いたところから、竹管吹奏の風がおこった。
 日本では、心地覚心(しんちかくしん)が1249年(建長1)に入宋(にっそう)して張参(ちょうさん)より竹管吹奏の奥義(おうぎ)を受け、帰国後、紀州(和歌山県)由良(ゆら)に興国寺を建てて広めた。覚心門下の金先(こんせん)は北条経時(つねとき)の帰依(きえ)を受けて下総(しもうさ)(千葉県)小金(こがね)に一月寺(いちがつじ)を開いて普化宗の本山とした。その法系を金先派と称する。また、尺八を奏して全国を行脚(あんぎゃ)する風が生じ、その派を寄竹(よりたけ)派とよび、山城(やましろ)(京都府)明暗寺を本寺とするなど、各派を生じた。しかし、やがて浮浪の徒が多く尺八を吹いて行脚するようになり、普化僧と混同をきたした。江戸時代には浪人の集団ともみなされ、密偵機関として利用された。この派の僧を虚無僧、薦僧(こもそう)、暮露(ぼろ)などとよぶ。なお、普化宗は1871年(明治4)官命により廃止され、明暗(みょうあん)、普化、法燈(ほうとう)などの教会として存続している。[末木文美士]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の普化宗の言及

【興国寺】より

…1889年(明治22)妙心寺派に属したが,1956年独立の本山となった。覚心は在宋中普化(ふけ)宗をも学び,帰朝にさいし普化の四居士を伴い,興国寺山内の普化庵に住まわせた。これが日本の普化宗の濫觴(らんしよう)といわれる。…

【虚無僧】より

…菰僧(こもそう),薦僧(こもそう),梵論字(ぼろんじ),梵字(ぼろんじ),暮露(ぼろ),また普化僧(ふけそう)ともいう。禅宗の一派である普化宗の僧の別称で,普化宗を虚無宗とも称する(イラスト)。吉田兼好の《徒然草(つれづれぐさ)》に,〈ぼろぼろ〉〈ぼろんじ〉と見え,我執深く闘争を事にする卑徒としている。…

【尺八】より

…日本の音楽史上に現れた広義の尺八には,古代尺八,天吹(てんぷく),一節切(ひとよぎり)尺八などもあるが,現行するのは普化(ふけ)尺八のみであるから,以下,それを主として解説する。〈普化尺八〉は〈虚無僧尺八〉とも呼ばれるが,江戸時代にこの楽器が普化宗(禅宗の一種。その僧が虚無僧)の専用とされたためである。…

【宗教音楽】より

…それはグレゴリオ聖歌の重要母体となったが,現在伝承される音楽では東洋的なメリスマが豊かである。古代にはリラ,縦笛,手太鼓なども用いられた,現在も使われているショファルという角笛は,楽器とはいえず,普化(ふけ)宗の伝統で尺八が〈法竹(ほつちく)〉と呼ばれるのにならえば〈法器〉というべきかもしれない。1000年の離散の間に,ユダヤ教徒の音楽はそれぞれの地方的特色をも加えながら,絶えずその優れた音楽性によって,人類の音楽文化に影響を与え続けている。…

※「普化宗」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

普化宗の関連キーワード明暗流(みょうあんりゅう)荒木古童(初代)黒沢琴古(2代)荒木古童(2世)黒沢琴古(1世)黒沢琴古(初代)虚鐸伝記国字解兼友 西園後藤 桃水砂川 憲和高橋 空山黒沢琴古明治維新乳井月影近藤宗悦無門慧開吉田一調荒木古童普化尺八琴古流

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android