コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フートン フートン Hooton, Earnest Albert

3件 の用語解説(フートンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フートン
フートン
Hooton, Earnest Albert

[生]1887.11.20. クレマンズビル
[没]1954.5.3. ケンブリッジ
アメリカ自然人類学者。ウィスコンシン大学で古典学を学んだが,のちに自然人類学に転向,1912年オックスフォード大学で学位を取得。 30年にハーバード大学自然人類学教授となり,多くの自然人類学者を育成した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

フートン
ふーとん
Ernest Albert Hooton
(1887―1954)

アメリカの人類学者。ウィスコンシン大学を卒業し、1911年に博士の学位を得た。10~13年オックスフォード大学に留学し、30年ハーバード大学の人類学教授となった。カナリア諸島住民、アメリカ・インディアンなどの調査を行うとともに、人類の進化や人種に関する研究を行い、自然人類学の分野で指導的役割を果たした。多くの著書のなかで、『サルからヒトへ』Up from the Apeは、40年代までの知識を集大成した著書として著名である。[埴原和郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

フートンの関連キーワードアクロマチックレンズ収束レンズフォトクロミックレンズクレマグレー・レンズマン最初のレンズマンソフィーナ クレンズファースト・レンズマンロスマンズ・ロイヤル圧力レンズ

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

フートンの関連情報