コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フートン Hooton, Earnest Albert

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フートン
Hooton, Earnest Albert

[生]1887.11.20. クレマンズビル
[没]1954.5.3. ケンブリッジ
アメリカの自然人類学者。ウィスコンシン大学で古典学を学んだが,のちに自然人類学に転向,1912年オックスフォード大学で学位を取得。 30年にハーバード大学自然人類学教授となり,多くの自然人類学者を育成した。人体測定学,犯罪人類学の権威。主著"Up From the Ape" (1931) ,"Apes,Men and Morons" (37) ,"The American Criminal" (39) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

フートン

胡同

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

フートン
ふーとん
Ernest Albert Hooton
(1887―1954)

アメリカの人類学者。ウィスコンシン大学を卒業し、1911年に博士の学位を得た。10~13年オックスフォード大学に留学し、30年ハーバード大学の人類学教授となった。カナリア諸島住民、アメリカ・インディアンなどの調査を行うとともに、人類の進化や人種に関する研究を行い、自然人類学の分野で指導的役割を果たした。多くの著書のなかで、『サルからヒトへ』Up from the Apeは、40年代までの知識を集大成した著書として著名である。[埴原和郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

フートンの関連キーワードナンピン(南平)地区ナンピン(南平)市ワイヤン(外洋)11月20日ミン(閩)江埴原和郎人種分類四世同堂犯罪学朱 旭

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

フートンの関連情報