コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブギウギ ブギウギboogie-woogie

翻訳|boogie-woogie

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ブギウギ
boogie-woogie

音楽用語。 1920年代後期にシカゴで流行したピアノによるジャズのブルース演奏スタイルの一種。左手で1小節8拍子で分散和音を繰返しながら,右手でブルースの旋律を弾く。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ブギ‐ウギ(boogie-woogie)

1920年代に米国の黒人ピアニストによって創始された、ピアノによるブルースの演奏形式の一。1小節8拍のリズムの上に旋律が自由に奏されるもの。ブギ

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

ブギウギ

ジャズ用語。ジャズの初期に,ブルースをピアノで演奏する黒人によって始められた演奏形式で,左手で繰り返される一定のリズムにのって右手で旋律が変奏される。1930年代の後半からバンド演奏に採用され,ダンス音楽として流行した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ブギウギ【boogie woogie】

主としてピアノでブルースを演奏するときに用いられるパターンの一つ。低音部(ピアノの左手)は1小節に八つのビートを規則的に刻み,高音部は装飾的な音型を即興で弾くのが基本。20世紀初頭にアメリカ南部で発生し,1940年代にダンス音楽として流行した。日本では第2次世界大戦直後に《東京ブギウギ》《ヘイヘイブギ》(ともに服部良一作曲)などの流行歌が作られ笠置シヅ子(1914‐85)が歌って話題をまいた。【中村 とうよう】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ブギウギ【boogie-woogie】

ブルースから派生したジャズ音楽の一形式。1920年代にシカゴの黒人ピアニストにより流行した。ブギ。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内のブギウギの言及

【ジャズ】より

…収入だけでは家賃がまかないきれなくなると,黒人たちは相互扶助運動として〈家賃パーティhouse‐rent party〉をおこし,入場料と飲食費から利益をひねり出して家賃の支払にあてた。このパーティではピアノが使われ,打楽器的ブルース・ピアノ奏法〈ブギウギboogie woogie〉が生まれた。 1920年から33年まで施行された禁酒法は,密造酒販売のシンジケートを操るギャングを発生させた。…

【ジャズ】より

…収入だけでは家賃がまかないきれなくなると,黒人たちは相互扶助運動として〈家賃パーティhouse‐rent party〉をおこし,入場料と飲食費から利益をひねり出して家賃の支払にあてた。このパーティではピアノが使われ,打楽器的ブルース・ピアノ奏法〈ブギウギboogie woogie〉が生まれた。 1920年から33年まで施行された禁酒法は,密造酒販売のシンジケートを操るギャングを発生させた。…

※「ブギウギ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ブギウギの関連キーワードセカンド・ライン・ビート[second line beat]アレキサンダー フォン・シュリッペンバッハ山木梨沙(カントリー・ガールズ)稲場愛香(カントリー・ガールズ)港のヨーコ ヨコハマ ヨコスカ小関舞(カントリー・ガールズ)港のヨーコ・ヨコハマ・ヨコスカカウ・カウ ダベンポートニューヨーク近代美術館アルバート アモンズブルーベリー・ヒルスモーキン’ブギジーン アモンズ笠置 シヅ子裏切り者の旅大曽根 辰保あめくみちこ三野友華子岡村多加江内海 重典

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ブギウギの関連情報