八拍子(読み)ヤツビョウシ

大辞林 第三版の解説

やつびょうし【八拍子】

能の音楽(謡と囃子はやし)と舞における拍節上の基本単位。一クサリ(一単位)は八拍より成る。能の詞章・旋律・楽句・舞の型はすべてこれを基本単位として構成されるが、時には例外的な拍数(四・二・六など)の単位も交えられる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

やつ‐びょうし ‥ビャウシ【八拍子】

〘名〙
で、謡や囃子のリズムの基本単位。一単位は八拍より成り、詞章・旋律・楽句はこれをもとに構成される。やひょうし。地拍子
※五音三曲集(1460)「およそ、拍子は八拍子なり。本拍子四、間の拍子四なり」
② 江戸時代、市村座の座元羽左衛門家に伝えられたという芸能。三味線を伴奏とし、扇二本を持って仕風に舞った。謡曲風の拍子に妙味があったか。〔随筆・耳嚢(1784‐1814)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の八拍子の言及

【地】より

…それらの手組には,コイ合,ツヅケ,キザミ(刻)などのように,名称に地ということばを含まないものも少なくなく,複数の地を混用するために,単純な反復とはならない場合もあるので注意を要する。また,八拍子(やつびようし)の構造における拍節上の単位を,その拍数によって本地(8拍),トリ地(4拍),片地(一地とも,6拍),オクリ地(2拍)などという。そして義太夫節では,もっとも本来的な音楽様式と考えられる地合(じあい)の略称として用いることがある。…

【地拍子】より

…能の用語で主として(うたい)のリズムを規制する法則をいう。謡は原則として8個の拍で1句を構成しているため,〈八拍子(やつびようし)〉とも呼ばれる。謡には原則として拍の位置が規定されている〈拍子合(ひようしあい)〉と,規定されていない〈拍子不合(ひようしあわず)〉とがあるが,拍子に合う謡はすべて,1句をこの八拍子に割り付ける。…

※「八拍子」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

感染症指定医療機関

感染症予防法で規定されている感染症の中で、危険性が高く特別な対応が必要な感染症の患者を治療する医療施設。特定感染症指定医療機関(1・2類感染症および新感染症患者)、第一種感染症指定医療機関(1・2類感...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

八拍子の関連情報