コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブセット Bousset, Wilhelm

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ブセット
Bousset, Wilhelm

[生]1865.9.3. リューベック
[没]1920.3.8. ギーセン
ドイツのプロテスタント神学者。 1896年ゲッティンゲン,1916年ギーセンの各大学教授。宗教史学派の創立者の一人。比較宗教学的研究方法による原始キリスト教,グノーシス,ユダヤ教研究に多大の業績を残した。特に本文批評,伝承史的研究においてすぐれている。主著『新約時代におけるユダヤ教』 Die Religion des Judentums im neutestamentlichen Zeitalter (1926) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

ブセット

ドイツの聖書学者。ギーセン大学教授。宗教史学派の中心人物。ヘレニズムの末期の宗教史を研究し,原始キリスト教に対するヘレニズム密儀宗教の影響を明らかにした。著書《主キリスト》(1913年)ほか。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

ブセットの関連キーワードVisual Basic ScriptLAN ManagerエフェクターT細胞ANSI.SYSMARCXMLiPhoneWin32sサブセット9月3日

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android