コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブラド[串刺し公] Vlad Ţepeş

世界大百科事典 第2版の解説

ブラド[串刺し公]【Vlad Ţepeş】

1431‐76
ワラキア公。在位1448,1456‐62,1476年。ルーマニア史ではオスマン帝国の軍隊を退けた勇将として有名だが,欧米ではむしろB.ストーカーの小説《吸血鬼ドラキュラ》(1897)のモデルとして知られている。ワラキア公ブラド・ドラクルの子。当時ワラキアはイスラム,キリスト教両勢力が衝突した地域で,彼も少年時代を人質としてトルコで過ごした。長くつづいた2度目の統治期に,彼は大貴族の横暴を抑え,トランシルバニアのドイツ人商人の特権をも制限して,中央権力の強化を図った。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のブラド[串刺し公]の言及

【ドラキュラ】より

…そこで主婦ミナ・ハーカーや生娘ルーシー・ウェンステラを毒牙にかけるが,彼の素姓をつきとめたファン・ヘルシング博士らによって追いつめられ,心臓に杭を打たれて往生する。ドラキュラのモデルは15世紀に実在したワラキア公国の領主ブラド・ツェペシュ(ブラド串刺し公)とされ,史実によれば,公は対トルコ戦において2万人のトルコ人並びにブルガリア人を杭に刺して惨殺したという。一方彼の残虐性は,神聖ローマ帝国,トルコ,ハンガリーの列強に囲まれた小国の君主として,彼が不羈独立の気概の持主であったゆえに,敵王たるハンガリーのマティアス・コルウィヌスMattias Corvinusによって流布させられた中傷ともいう。…

【ワラキア】より


[オスマン帝国との対峙]
 建国後まもないワラキア公国にとって新たな脅威として現れたのは,1393年にブルガリアを支配し,さらに勢力を北へ伸ばそうとしていたオスマン帝国の侵攻であった。この時期に公国の独立を守るために戦った公としてミルチャMircea老公(在位1386‐1418)とブラド串刺し公(在位1448,56‐62,76)がいる。ミルチャ老公はハンガリーと同盟を結んでオスマン帝国軍と戦い,再三これを撃退したが,1415年に独立の維持と引換えに初めてスルタンへの3000ドゥカート(金貨)の貢納を認めた。…

※「ブラド[串刺し公]」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ブラド[串刺し公]の関連キーワードフィレンツェ公会議エウゲニウス4世ジャンヌ・ダルクニマットラー・ワリーマルチヌス5世バーゼル公会議ローマ大学エウゲニウス芸阿弥ジャンヌダルク

今日のキーワード

地蔵盆

主に京都などで、8月23日・24日(古くは陰暦7月24日)に行われる行事。石地蔵にお飾りをしてまつり、さまざまの余興を行う。地蔵祭り。地蔵会(じぞうえ)。《季 秋》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android