コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブラド4世杭刺し公 ブラドよんせいくいさしこうVlad IV, Ţepeṣ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ブラド4世杭刺し公
ブラドよんせいくいさしこう
Vlad IV, Ţepeṣ

[生]?
[没]1477
ワラキア公 (在位 1456~62,76~77) 。ブラド3世悪魔公の子。 1442年父とともにオスマン帝国に捕囚。のちトランシルバニアに逃亡。トランシルバニア侯フニャディの庇護を受け,その後援でワラキア公となった。モルドバのシュテファン大公と親交,その即位を援助した。公権の強化と中間層の育成によって国制を近代化,オスマン帝国に対する戦争を遂行。国内の反対派大貴族,ザクセン商人,敵国兵を生きたまま杭に刺して処刑したので「杭刺し公」の異名を取った。 62年投獄,76年再びハンガリーの後援で公位に復帰,対オスマン帝国戦争を再開したが,裏切りによって陣没したといわれる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ブラド4世杭刺し公の関連キーワード石神井城シュトースウプサラブルゴーニュ公国妙心寺メロッツォ・ダ・フォルリ相模原市命の大切さを学ぶ授業ウプサラ応仁の乱

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android