コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブランナー Branner, Hans Christian

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ブランナー
Branner, Hans Christian

[生]1903.6.23. オルドルプ
[没]1966.4.24. コペンハーゲン
デンマークの小説家。実存主義的作風と繊細な心理描写で知られる。処女作『玩具』 Legeløj (1936) は大都会の商社員の経済的心理的不安を鋭く描いた作。『浜辺で遊ぶ子供』 Barner Leger ved stranden (37) ,『ある女についての夢』 Drømmen om em kvinde (41) ,短編集『2分間の沈黙』 To minutters snilhed (44) などを経て,中編『騎手』 Rytteren (49) で大成功を収めた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ブランナー
ぶらんなー
Hans Christian Branner
(1903―1966)

デンマークの小説家。現代北欧のもっとも繊細にして孤独と不安の精神を代表する作家で、代表作の長編『騎手』(1949)で世界に知られる。ある三十女の一昼夜の心理を精神分析的に追求したもので、よくカミュの『ペスト』に比較される。デビュー作は小玩具(がんぐ)工場の生活を描く『玩具』(1936)。その後『浜辺で遊ぶ子供』『女についての夢』などを経て、短編集『もう少しで我らはいなくなるのだ』(1939)、『2分間の沈黙』(1944)で名声を確立。短編の名手で、ことに好んで子供の恐怖心理を描く。ナチス占領下の『誰も夜を知らない』(1956)は抵抗文学として知られる。ほかに『騎手』の戯曲化をはじめ、かなりの劇作も手がけている。[山室 静]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ブランナーの関連キーワードジェイムス・バーナード マクルウェインデンマーク文学マクルウェインICIモント山室

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android