抵抗文学(読み)テイコウブンガク

デジタル大辞泉の解説

ていこう‐ぶんがく〔テイカウ‐〕【抵抗文学】

自由と民族独立を求める抵抗運動を基盤とした、世界各国の文学。特に、第二次大戦中のドイツ占領下のフランスで、反ナチスレジスタンス運動に加わった作家の文学作品。戦争の非情を描くベルコールの「海の沈黙」や、アヌイの「アンチゴーヌ」など。レジスタンス文学

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ボヘミアン・ラプソディ(映画)

イギリス・米国の伝記映画。イギリスの人気ロックバンド・クイーンと、そのボーカルで1991年に45歳で死去したフレディ・マーキュリーの半生を描く。タイトルは同バンドが75年に発表したフレディ作の楽曲と同...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

抵抗文学の関連情報