抵抗文学(読み)テイコウブンガク

デジタル大辞泉の解説

ていこう‐ぶんがく〔テイカウ‐〕【抵抗文学】

自由と民族独立を求める抵抗運動を基盤とした、世界各国の文学。特に、第二次大戦中のドイツ占領下のフランスで、反ナチスレジスタンス運動に加わった作家の文学作品。戦争の非情を描くベルコールの「海の沈黙」や、アヌイの「アンチゴーヌ」など。レジスタンス文学

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

ていこう‐ぶんがく テイカウ‥【抵抗文学】

〘名〙 第二次世界大戦中、ドイツ占領下のフランスで反ナチス、反政府の抵抗運動中に生まれた文学。一九四〇年のフランス降伏とペタン元帥のビシー政府成立から一九四四年の連合国軍のパリ解放までの四年間に書かれた抵抗者の文学。アンドレ=マルローサンテグジュペリサルトル、ルイ=アラゴンエリュアール、ドクール、モーリヤック、カミュなど。レジスタンス文学。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

猫バンバン

寒い季節になると多発する、猫が自動車のエンジンルームやボンネットの中に潜り込んでいたのに気付かず発車してしまうという事故を防ぐための動作。自動車を始動させる前にボンネットをバンバンとたたき、猫の鳴き声...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

抵抗文学の関連情報