ブルターニュ半島(読み)ぶるたーにゅはんとう(英語表記)Bretagne

日本大百科全書(ニッポニカ)「ブルターニュ半島」の解説

ブルターニュ半島
ぶるたーにゅはんとう
Bretagne

フランス北西部、大西洋に突出する半島。フランス最大の半島で、海岸線の出入りが著しい。起伏のなだらかなアルモリカン山地の一部で、平均標高104メートル、最高点391メートル(サン・ミシェル山)。気候は西岸海洋性のため温和である。ほぼブルターニュ地方の範囲と一致する。

[高橋 正]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「ブルターニュ半島」の解説

ブルターニュ‐はんとう ‥ハンタウ【ブルターニュ半島】

フランスの北西端、ビスケー湾イギリス海峡の間に突き出た半島。中央部は丘陵状の準平原で、海岸はリアス式。気候は湿潤で、牧場畑地が広がる。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「ブルターニュ半島」の解説

ブルターニュ‐はんとう〔‐ハンタウ〕【ブルターニュ半島】

フランス北西部、大西洋に突出する半島。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android