コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブルターニュ半島 ブルターニュハントウ

デジタル大辞泉の解説

ブルターニュ‐はんとう〔‐ハンタウ〕【ブルターニュ半島】

フランス北西部、大西洋に突出する半島

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ブルターニュ半島
ぶるたーにゅはんとう
Bretagne

フランス北西部、大西洋に突出する半島。フランス最大の半島で、海岸線の出入りが著しい。起伏のなだらかなアルモリカン山地の一部で、平均標高104メートル、最高点391メートル(サン・ミシェル山)。気候は西岸海洋性のため温和である。ほぼブルターニュ地方の範囲と一致する。[高橋 正]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ブルターニュ半島の関連キーワードベリール・アン・メール島ブレスト(フランス)ベリールアンメール島モンサンミッシェルブルトン(動物)ロクマリアケールシャトーブリアンペイドラロアールウェサン[島]サン・マロ湾ウェッサン島モルビアン県ベリル[島]ガブリニス島サン・ブリウドゥアルヌネブルトン種サン・マロカンペールケルト語派

今日のキーワード

スカジャン

神奈川県横須賀市発祥のジャンパー。おもに化繊の生地の、スタジアムジャンパー風のデザインのジャンパーの背中に、虎や龍、富士山など和風のモチーフの刺繍を施したもの。第2次世界大戦後、横須賀基地に駐留したア...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android