コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブルトン語 ブルトンご Breton language

4件 の用語解説(ブルトン語の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ブルトン語
ブルトンご
Breton language

フランスのブルターニュ地方におよそ 50万~90万人の話し手をもつ言語。ケルト語派に属する。5~6世紀にアングロ・サクソン人の侵入を受けてグレートブリテン島からブルターニュ地方に逃れたケルト人の言語 (ブリソニック語) の現在の姿である。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ブルトン語【ブルトンご】

ケルト語派のブリタニック諸語の一つ。Breton。フランスのブルターニュ地方で話されるが,大陸のケルト語ではなく,5世紀から6世紀のイギリスからの移住者がもたらしたもの。
→関連項目フランスブルターニュ

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ブルトンご【ブルトン語 Breton】

ケルト語派のうちのブリタニック諸語の一つ。5~6世紀にかけてブリテン島南西部から対岸のブリタニー(ブルターニュ)に渡ったケルト人がもたらしたもので,現在も同地で行われるが,話者の大部分はフランス語との二重言語使用者である。コーンウォール語に近く,古期ブルトン語(900‐1100)の頃すでに語頭の鼻音変化の機能を失った。中期ブルトン語(1100‐1600)になると宗教劇などの文献がふえるが,言語的には15世紀以来フランス語の影響を強く受けてきた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ブルトンご【ブルトン語】

フランスのブルターニュ地方の言語。インド-ヨーロッパ語族のケルト語派に属す。ヨーロッパ大陸唯一のケルト語派言語で、一五世紀以降フランス語の影響を強く受けた。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブルトン語の関連キーワードウェールズ語ケルト語派語派ゴール語コーンウォール語ブリソニック諸語ブリヤート語フィン語ブリタニック諸語ブリトニック諸語

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ブルトン語の関連情報