コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブルトン語 ブルトンごBreton language

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ブルトン語
ブルトンご
Breton language

フランスのブルターニュ地方におよそ 50万~90万人の話し手をもつ言語ケルト語派に属する。5~6世紀にアングロ・サクソン人の侵入を受けてグレートブリテン島からブルターニュ地方に逃れたケルト人の言語 (ブリソニック語) の現在の姿である。フランス語に圧倒されて次第に衰退しているが,教育・普及をはかる運動も行われている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

ブルトン語【ブルトンご】

ケルト語派のブリタニック諸語の一つ。Breton。フランスのブルターニュ地方で話されるが,大陸のケルト語ではなく,5世紀から6世紀のイギリスからの移住者がもたらしたもの。
→関連項目フランスブルターニュ

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ブルトンご【ブルトン語 Breton】

ケルト語派のうちのブリタニック諸語の一つ。5~6世紀にかけてブリテン島南西部から対岸のブリタニー(ブルターニュ)に渡ったケルト人がもたらしたもので,現在も同地で行われるが,話者大部分はフランス語との二重言語使用者である。コーンウォール語に近く,古期ブルトン語(900‐1100)の頃すでに語頭の鼻音変化の機能を失った。中期ブルトン語(1100‐1600)になると宗教劇などの文献がふえるが,言語的には15世紀以来フランス語の影響を強く受けてきた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ブルトンご【ブルトン語】

フランスのブルターニュ地方の言語。インド-ヨーロッパ語族のケルト語派に属す。ヨーロッパ大陸唯一のケルト語派言語で、一五世紀以降フランス語の影響を強く受けた。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ブルトン語の関連キーワードフランスの地域言語ブリソニック諸語カンペールケルト文学ドルメンメンヒルナント支石墓冠詞

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android