ブルーカーボン(英語表記)blue carbon

知恵蔵miniの解説

ブルーカーボン

海藻など沿岸海域の生態系が二酸化炭素を吸収することで固定される炭素のこと。吸収された二酸化炭素は、主に貝殻や珊瑚の骨格などに含まれる炭酸カルシウムとして固定される。2009年、国連環境計画(UNEP)の報告書において命名された。森林に吸収される炭素「グリーンカーボン」の2倍以上の炭素が海域で吸収されていることから、新たな地球温暖化防止対策として注目されている。19年、国土交通省は二酸化炭素の吸収源として活用していく方針を固めた。

(2019-6-13)

出典 朝日新聞出版知恵蔵miniについて 情報

今日のキーワード

iDeCo

個人型確定拠出年金と呼ばれる任意の私的年金制度のひとつ。加入者が毎月決まった金額を積み立てて、金融機関が用意する定期預金・保険・投資信託といった金融商品から運用方法を選び、60歳以降に年金または一時金...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ブルーカーボンの関連情報