コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブルークローバー shamrock‐pea

2件 の用語解説(ブルークローバーの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ブルークローバー【shamrock‐pea】

マメ科の多年草または一年草。ヒマラヤ地方および東アフリカ原産。1属1種で,日本では鉢植えロックガーデン用として,近年栽培されるようになった。よく分枝して,茎は細く地をはうようにして密に茂る。草丈は約10cm。葉はオキザリス,またはクローバーによく似た3小葉からなる。4~5月ごろ,美しい真青色の蝶形花を葉腋(ようえき)に単生して咲かせるが,一度にそれほど多くの花はつけない。原産地は冷涼な地域であるといわれ,凍らせると枯死しやすい。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ブルークローバー
ぶるーくろーばー
blue clover
[学]Parochetus communis Buch-Ham. ex D. Don.

マメ科の半耐寒性多年草。東アフリカ、アジア、ヒマラヤの涼しい地域に分布し、1属1種。属名のパロケタスの名でよばれることもある。茎は細くて地面をはい、よく枝分れして広がり、節から発根してはびこる。葉は3枚の小葉からなる。葉形がクローバーに似ており、花色がブルーなのでブルークローバーの名がある。花は径1.5センチメートル前後の蝶形花(ちょうけいか)で、1花または散形花序に2、3花をつける。ロック・ガーデンなど、日当りのよい、湿った場所に植えるほか、鉢植えもできる。繁殖は株分けか挿芽による。夏期の高温多湿を嫌う。[植村猶行]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブルークローバーの関連キーワードアゲラタムガザニア夏葛ヒマラヤ杉紅花隠元蓑米アキレジアシカクマメ

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone