コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブロムワレリル尿素中毒 ぶろむわれりるにょうそちゅうどく

1件 の用語解説(ブロムワレリル尿素中毒の意味・用語解説を検索)

家庭医学館の解説

ぶろむわれりるにょうそちゅうどく【ブロムワレリル尿素中毒】

 中毒をおこしやすいので、催眠薬として使用されることはないのですが、一般用薬の鎮静薬のなかにこの成分を含むものがあって、中毒事故がときどきおこります。
[症状]
 頭痛、無気力、舌(した)のもつれ、記憶の減退、めまい、ふらつき、運動失調、幻覚、錯乱がおこり、重症になると昏睡(こんすい)におちいります。
 胃壁が刺激されるために吐(は)き気(け)・嘔吐(おうと)が現われ、口臭が強くなります。
 顔ににきびのような発疹(ほっしん)が出て、全身に広がることもあります。
 紅斑(こうはん)、結節(けっせつ)、膿疱(のうほう)、天疱瘡(てんぽうそう)のような水疱(すいほう)が出ることもあります。結節は、梅毒(ばいどく)の硬性下疳(こうせいげかん)とまちがわれがちです。
[治療]
 嘔吐させ、初期治療(「医師が行なう中毒の初期治療」)の胃洗浄、吸着剤の活性炭と下剤の使用、強制利尿を行ないます。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。この事典によって自己判断、自己治療をすることはお止めください。あくまで症状と病気の関係についてのおおよその知識を得るためのものとお考えください。

ブロムワレリル尿素中毒の関連キーワード杏仁水睡眠薬抱水クロラール御し易い与し易い催眠剤催眠薬睡眠療法着火剤貝中毒

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone