ブンチョウ(文鳥)(読み)ブンチョウ

百科事典マイペディア「ブンチョウ(文鳥)」の解説

ブンチョウ(文鳥)【ブンチョウ】

カエデチョウ科。翼長6.5cm,体形スズメに似るが,くちばし淡紅色で大きく頑丈。背面は灰青色で頭頸部や尾羽は黒く,腹面は淡褐色。ジャワ原産で草原に群生する。現在は移入されたものが東南アジアアフリカなどでも生息している。飼い鳥として古くから飼育され,野生種と同色の並ブンチョウ,日本で作出された白ブンチョウ,桜ブンチョウなどの品種がある。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版「ブンチョウ(文鳥)」の解説

ブンチョウ【ブンチョウ(文鳥) Java sparrow】

スズメ目カエデチョウ科の鳥(イラスト)。全長約14cm。スズメと同大。背面は明るい灰色。腹はいくぶん赤みを帯び,下腹は白い。頭部とは黒いが,ほおに白い大斑がある。大きなくちばしと足は濃いピンク。もともとはジャワとバリ島に分布していたが,飼っていたものが逃げ出して東南アジア,東アフリカ,ザンジバルなどへ広く広がった。人里耕地水田マングローブ林などにすみ原産地ではごくふつうに見られる。地方によっては大群をつくって水田を荒らし,イネの大害鳥である。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

景気ウォッチャー調査

内閣府が2000年1月から毎月実施している景気動向調査。生活実感としての景況感を調査するのが狙い。具体的にはタクシーの運転手、小売店の店長、娯楽施設の従業員、自動車ディーラー、派遣従業員、設計事務所所...

景気ウォッチャー調査の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android