コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブンチョウ(文鳥) ブンチョウ

百科事典マイペディアの解説

ブンチョウ(文鳥)【ブンチョウ】

カエデチョウ科の鳥。翼長6.5cm,体形スズメに似るが,くちばしは淡紅色で大きく頑丈。背面は灰青色で頭頸部や尾羽は黒く,腹面淡褐色。ジャワ原産で草原に群生する。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ブンチョウ【ブンチョウ(文鳥) Java sparrow】

スズメ目カエデチョウ科の鳥(イラスト)。全長約14cm。スズメと同大。背面は明るい灰色。腹はいくぶん赤みを帯び,下腹は白い。頭部と尾は黒いが,ほおに白い大斑がある。大きなくちばしと足は濃いピンク。もともとはジャワとバリ島に分布していたが,飼っていたものが逃げ出して東南アジア東アフリカザンジバルなどへ広く広がった。人里耕地水田マングローブ林などにすみ,原産地ではごくふつうに見られる。地方によっては大群をつくって水田を荒らし,イネの大害鳥である。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

ブンチョウ(文鳥)の関連キーワード狭骨盤田原翼室田雪子尾崎祐子アワビベニバナイチヤクソウ(紅花一薬草)ウバガイMac mini松尾好子加藤朝日

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android