コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

テッポウエビ テッポウエビ Alpheus brevicristatus

3件 の用語解説(テッポウエビの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

テッポウエビ
テッポウエビ
Alpheus brevicristatus

軟甲綱十脚目テッポウエビ科 Alpheidae。潮間帯や海藻の茂った浅海の砂泥底に浅い穴を掘ってすむエビで,体長 5cm内外。第1胸脚の左右いずれかが大きな鋏になっていて,「ぱちん」という鋭い破裂音を発する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

テッポウエビ

甲殻類テッポウエビ科のエビ。体長5cmくらい。外骨格はややかたく,額角はほとんど退化。第1胸脚の一方は大きなはさみ脚となり,可動指を不動指に打ちつけてパチンという鋭い破裂音を出すのでこの名がある。
→関連項目エビ(蝦/海老)

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

テッポウエビ
てっぽうえび / 鉄砲蝦
[学]Alpheus brevicristatus

節足動物門甲殻綱十脚(じっきゃく)目テッポウエビ科に属するエビ。体長5センチメートルほど。日本各地の潮間帯やアマモなどが生える浅海の砂泥底に浅い穴を掘ってすむ。額角(がっかく)は棘(とげ)状。目は頭胸甲に覆われており、柄(え)はない。第1、第2胸脚にはさみをもつが、第1胸脚は著しく大きく、第2胸脚は多数の節に分かれる。第1胸脚のはさみは左右で大きさが著しく異なり、大きいほうでパチンという大きな破裂音を出す。テッポウエビ類はいずれもよく似ていて、種の同定がむずかしいためか、総称的にテッポウエビpistol shrimp, snapping shrimpとよぶことが多い。釣り餌(え)とされるほかは利用価値はあまりない。テッポウエビ科の日本産は約70種で、そのうちテッポウエビ属は約40種である。磯(いそ)にすむフタミゾテッポウエビA. bisincisusやオニテッポウエビA. rapaxなどのほか、ハゼ類と共生するニシキテッポウエビA. bellulusなどがよく知られている。[武田正倫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

テッポウエビの関連キーワード軟甲類鉄砲海老沼海老藜海老芝海老猩猩蝦鉄砲蝦テッポウエビ(鉄砲蝦)オニテッポウエビテナガテッポウエビ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

テッポウエビの関連情報