コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブールモン Bourmont, Louis-Auguste-Victor, Comte de Ghaisnes de

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ブールモン
Bourmont, Louis-Auguste-Victor, Comte de Ghaisnes de

[生]1773.9.2. メーヌエロアール
[没]1846.10.27. メーヌエロアール
フランスの軍人,元帥。 1788年国民衛兵の士官。その後亡命し,バンデーの反乱に参加してルマンを攻囲。ナポレオン (1世) に忠誠を誓ったが爆弾事件に巻込まれて逮捕され,1808年恩赦を受けた。 12年ナポレオンのロシア遠征に従軍。 13年リュッツェンの戦い,14年のノジャンの戦いでその名を高めたが,ワーテルローの戦いの3日前にベルギーのヘント (ガン) にいたルイ 18世のもとに走った。 29年陸相。七月革命で追放を受け,ベリー公夫人の陰謀に加担,失敗したあとポルトガルに逃れ,ドン・ミゲルに仕え,さらにスペインにおもむきドン・カルロスに仕えた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ブールモンの関連キーワードモーツァルトラングスドルフティーク秋田蘭画グアテマラゲーテシャンソン(フランスのポピュラー・ソング)杉田玄白鶴岡一人手島堵庵(てじまとあん)

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android