コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ワーテルロー ワーテルローWaterloo

翻訳|Waterloo

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ワーテルロー
Waterloo

ベルギー中部,ブラバント州の都市。首都ブリュッセル南東約 15kmにあり,同市への通勤者の居住地。自動車組立て,繊維,タイヤ,金属加工などの工場も立地する。「ワーテルローの会戦」の戦場は,この町の南 5kmのゆるやかな起伏の農耕地帯。高さ 45mの人口丘の展望台の頂上に,戦争に使った武器を溶かして造った高さ 4.5m,重さ 28tのライオン像の記念碑がある。人口2万 7860 (1991) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ワーテルロー(Waterloo)

ベルギー中部、ブリュッセルの南東にある都市。1815年、イギリス・プロイセン連合軍がナポレオン1世のフランス軍を撃破した古戦場として知られる。ウオータールー。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ワーテルロー【Waterloo】

ベルギー中部,ブラバント州の都市。人口2万4755(1981)。ブリュッセルの南約15kmの地点に位置。19世紀初頭までは寒村であった。1815年ナポレオンが最終的敗北を喫した大会戦(ワーテルローの戦)が,南方約3kmの平原で行われ,以後その名が知られるようになる。戦場の大部分は隣村ブレーヌ・ル・シャトーBraine‐le‐Châteauに含まれるが,26年オランダが戦勝記念に築いた,巨大な獅子像をいただく人工の丘(高さ45m)を中心に,会戦にちなむ博物館などの施設があり,現在この観光地全体がワーテルローと呼ばれている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ワーテルロー【Waterloo】

ベルギー中央部、ブリュッセルの南郊にある小都市。ウォータールー。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ワーテルロー
わーてるろー
Waterloo

ベルギー中部ブラバン・ワロン州にある、古戦場で有名な都市。人口2万8898(2002)。市の南東4.8キロメートルのラ・ベラリャーンスLa Belle Allianceは、1815年6月18日、ウェリントン率いるイギリス軍とブリュッヒャー率いるプロイセン軍の連合軍が、ナポレオンのフランス軍と対決し(ワーテルローの戦い)、ナポレオン軍の敗退を決定的にした場所。農場の点在する丘陵地帯を見晴らす展望台や蝋(ろう)人形などを展示する記念の博物館などがある。首都ブリュッセルへの通勤者の住宅地や別荘地となっている。[川上多美子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ワーテルローの関連キーワードウィレム2世[オランダ王]アングルシー(侯)アイアン・デュークR. オバルディアピータールーの虐殺ウォータールーの戦ロベール アロンロイスブルークライオン像の丘ナポレオン戦争ボンダルチュクウォータールーフルリュースオバルディアティールマンラス・カーズグナイゼナウベックウィズパルムの僧院パノラマ館

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ワーテルローの関連情報