コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブーローニュシュルメール ブーローニュシュルメールBoulogne-sur-Mer

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ブーローニュシュルメール
Boulogne-sur-Mer

フランス北部,パドカレー県にある港湾都市ドーバー海峡に面するフランス第1の漁港で,国内総漁獲高の 30%を水揚げする。ガロ・ローマ時代に軍港が築かれ,多くの領有交代を経て 1477年にフランス王領となり,1544~50年には一時イギリスに占領された。 19世紀にはイギリスとの連絡港として発展。鉄鉱石マンガンジュートなどの工業原料を輸入,セメントなどを輸出する商港でもある。トロール船建造や缶詰製造などの工業も盛ん。 13世紀の要塞城壁跡,18世紀の市庁舎,ノートル・ダム聖堂 (1827~66) などがある。人口約5万。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ブーローニュシュルメールの関連キーワードサン=マルティンフォークストンサント=ブーブイギリス海峡マチューカレー

今日のキーワード

スタットコール

《statは、急を要するの意。「スタッドコール」とも》病院内での緊急召集。緊急事態発生時に、担当部署に関係なく手の空いている医師や看護師を呼び出すために用いる。→コードブルー...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android